書籍の詳細

ドイツ名家の御曹司ゼバスティアンは、文字のひとつひとつに色を感じる共感覚の持ち主だった。ベルリンにアトリエを構え写真家として大成功をおさめるが、ある日、若い女性の誘拐・殺人容疑で緊急逮捕されてしまう。取り調べの際、捜査官に強要されて殺害を自供したゼバスティアンを弁護するため、ベテラン刑事弁護士ビーグラーが法廷に立つことになった。緊迫感に満ち満ちた裁判の行方と、あらゆる者の想像を絶する驚愕の真相とは。『犯罪』で2012年本屋大賞翻訳小説部門第一位に輝いた著者が「罪とは何か」を真摯に問いかけた恐るべき問題作。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

禁忌のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    やられた!
    表紙の女性の顔、違和感がありますよね。その謎は読み通したらわかります。
    読み通して1回、読み直して1回、表紙でまた1回驚かされる。そういうことか!と。
    正直前半は冗長に感じる向きもあるのかもしれませんが…
    作者の試みはある意味実験。全体が叙述トリックのよう。

    緑と赤と青の光が同等に混じり合うとき…それらは白に見える。
    ヘルムホルツの色彩論が非常に示唆的。

    日本の読者に宛てた作者のメッセージに引用された和歌もまた素晴らしい。
    私たちと真実の関係とは、暗闇で手探りで象を触るようなものでしかないのかもしれない。

    作品が日本で舞台化されていたことは読了後、かなり経ってから知りました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月05日