書籍の詳細

ある日妖人省に、総角の幼馴染みで警視庁刑事・押小路がいわくつきの「箱」の調査依頼に訪れた。うっかりその「箱」を豆蔵が開けると、ざくろたちは心も体も子供になってしまい、総角たちへの警戒心も露わで……!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

おとめ妖怪ざくろのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • おとめ妖怪ざくろ
    星野リリィ先生の代表作のひとつ「おとめ妖怪ざくろ」。人間と妖人が共存する日本。人間に害を及ぼす妖人をとりしまるために創設された妖人省で暮らす半妖の少女たちのざくろ、薄蛍、雪洞、鬼灯。彼女たちのパートナーとなった軍人たちと共に華麗に、ドラマチックに物語は展開します。星野先生の美麗な画面と心に響くキャラクターを存分に堪能できる作品です!!
    投稿日:2015年11月30日