書籍の詳細

現場銀行員による腐敗幹部との誇り高き闘い!リアリティーあふれる長編銀行ミステリー。「負け組」と言われる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに遭っていた。一方、バブル期の経営責任もとらず、公的資金に頼りながら、なおも会長として院政を敷く元頭取を陥れようと策謀を巡らすリストラに遭った行員。その攻防から銀行ぐるみの不正の匂いをかぎつけた副支店長は、組織に反旗を翻す。攻守ところを変えるスリリングなドラマから現代サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

最終退行のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  •  本書『最終退行』は、京浜工業地帯の一角、大田区羽田の銀行支店を舞台に展開される男たちのドラマです。一種の社会派ミステリーといっていいでしょう。組織の呪縛にあえぎ、もがく銀行マン、彼らに生殺与奪を握られて追い込まれていく中小企業経営者、そして私欲にまみれた銀行トップをつけ狙う得体の知れない集団が絡み合うスピード感あふれる展開で、読み出したら止まりません。
     日本のモノ作りを支えてきた町工場の技術や職人魂を描いた『下町ロケット』で第145回直木賞(2011年上期)を受賞した池井戸潤が2004年に発表した作品で、下町の町工場、中小企業経営者へのまなざしは、『下町ロケット』に受け継がれています。

     物語は〈朝日新聞 一九四六年四月二〇日(土曜日)[芝浦沖に金塊百三個 米海軍引揚ぐ]〉という新聞記事に始まります。記事の内容はこうです。

    〈米海軍潜水夫の一隊は一九日東京商船学校敷地に近接する東京湾芝浦沖の海中から八十ポンド金塊百三本を引揚げた、価格にして六万一千八百ドルではあるが、第二騎兵旅団の語るところによれば最初東京湾には二億ドルの価値ある金銀プラチナなどが埋められていたといふ予想は誇張されてをり、現在までにはプラチナや銀は一本も発見されず、また銀がどのくらい海中に埋没されているか予想の限りではないというふことである〉

     前年の8月に第二次世界大戦が終わり、日本の占領統治が始まって8か月経過した時期に東京湾から大量の金塊が引き揚げられたという記事(一部の旧字を現在のものに置き換えたほかは本で使用されている当時の表記のまま引用)に続いて、32年後の昭和53年に作成された銀行の内部文書が引用されています。

    〈 [調査報告シキ五三一九七番 参考添付文書] /昭和五十三年三月二十五日/東京第一銀行取締役会御中/審査部 企画室 次長 久遠和彌・・・・・・〉と題され、親密先山友電機の副社長がM資金融資話にのせられて多額の約束手形を振り出したあげく首吊り自殺に至った経緯を詳細に報告する内容で、昭和21年4月に東京湾から引き揚げられた金塊にも言及。M資金の実在可能性を示唆する報告者の久遠次長は、後に東京第一銀行のトップに上り詰め、物語の一方の主役として登場してきます。
    「M資金」は戦後日本の経済社会の裏側で語り継がれ、さまざまな事件の背景となってきた謎の闇資金話ですが、本書は亡霊のようなM資金をめぐる奇々怪々な展開を縦軸に、バブル崩壊で変質していく銀行の中で銀行マンとしての矜持を保って生きようとする副支店長・蓮沼鶏二の孤独な闘いとそれをとりまく人間模様を横軸に編まれていきます。池井戸潤の作品に共通している正義感は、本書でもいかんなく発揮されていて、作品の強いモチーフとなっています。
     副支店長の蓮沼の上司、支店長の谷は田宮金属工業に対し「融資予約」をエサに返済を迫ります。支店長の「融資」の言葉を信じた田宮社長はなけなしの3億を返済しますが、結局期待した融資は受けられず、不渡りを出してあっけなく倒産に追い込まれ自殺してしまいます。あろうことか谷支店長はその死亡保険金を差し押さえようとします。その時、蓮沼は初めて「ノー」を言い放ちます。

    〈「保険金は、田宮さんの遺族が生きていくために必要最低限の金だ。田宮さんはそれを遺すために死んだ。それは差し押さえるべきではない」
    「くだらん温情か、副支店長。そんなことをしてどうなるかわかっているんだろうな」
    「どうぞ。好きにしたらいい。だが、田宮さんの保険金を差し押さえるようなまねは絶対にさせません」
     蓮沼は断言し、谷と睨み合った末、身を翻して自席に戻った〉

     倒産会社に対する債権回収を阻害したという理由で、人事から「副支店長失格」の烙印を押された蓮沼は「銀行員である前に私たちは人間ですよ」とだけ言って人事部をあとにします。「銀行の論理」と「人間としての正義」の相克は、「半沢直樹シリーズ」(『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』)など池井戸潤の金融ミステリーで一貫して描かれているテーマ。銀行マン経験のある池井戸潤だからこその銀行小説としての迫真性も読みどころのひとつです。
     書名の「最終退行」とは銀行支店で最後の最後に戸締まりをして退出することを言うそうです。副支店長兼融資課長の蓮沼はいつもいつも「最終退行」となっていました。経営サイドの一員として「銀行のための人生」を送ってきた男が、すべてに踏ん切りをつけてコースアウトに踏み切ります。誤魔化し続ける人生にピリオドをうった銀行マン。「銀行マン」である前に人間として生きたい――胸の奥底に秘めた思いに忠実であろうと決意した男は、人生を賭けて経営トップを頂点とする銀行の腐敗構造に挑んでいきます。緊迫の取締役会――議長役の会長が閉会を告げようとした時、専務が緊急動議を求めます……。
     衝撃のエンディングページを閉じて一気読みを終えた時、東の空に太陽が昇り始めていました。(2015/4/3)
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年04月03日
  • 本書『最終退行』は、東京の下町工場地帯である大田区羽田の銀行支店を舞台に展開される男たちのドラマです。一種の社会派ミステリーといっていいでしょう。組織の呪縛にあえぎ、もがく銀行マン、彼らに生殺与奪を握られて追い込まれていく中小企業経営者、そして私欲にまみれた銀行トップをつけ狙う得体の知れない集団が絡み合うスピード感あふれる展開で、読み出したら止まりません。日本のモノ作りを支えてきた町工場の技術や職人魂を描いた『下町ロケット』で、第145回直木賞(2011年上期)を受賞した池井戸潤が2004年に発表した作品で、下町の町工場、中小企業経営者へのまなざしは、『下町ロケット』に受け継がれています。物語は〈朝日新聞 一九四六年四月二〇日(土曜日)[芝浦沖に金塊百三個 米海軍引揚ぐ]〉という新聞記事に始まります。記事の内容はこうです。〈米海軍潜水夫の一隊は一九日東京商船学校敷地に近接する東京湾芝浦沖の海中から八十ポンド金塊百三本を引揚げた、価格にして六万一千八百ドルではあるが、第二騎兵旅団の語るところによれば最初東京湾には二億ドルの価値ある金銀プラチナなどが埋められていたといふ予想は誇張されてをり、現在までにはプラチナや銀は一本も発見されず、また銀がどのくらい海中に埋没されているか予想の限りではないといふことである〉前年の8月に第二次世界大戦が終わり、日本の占領統治が始まって8か月経過した時期に東京湾から大量の金塊が引き揚げられたという記事(一部の旧字を現在のものに置き換えたほかは本で使用されている当時の表記のまま引用)に続いて、32年後の昭和53年に作成された銀行の内部文書が引用されています。〈 [調査報告シキ五三一九七番 参考添付文書] /昭和五十三年三月二十五日/東京第一銀行取締役会御中/審査部 企画室 次長 久遠和彌・・・・・・〉と題され、親密先山友電機の副社長がM資金融資話にのせられて多額の約束手形を振り出したあげく首吊り自殺に至った経緯を詳細に報告する内容で、昭和21年4月に東京湾から引き揚げられた金塊にも言及。M資金の実在可能性を示唆する報告者の久遠次長は、後に東京第一銀行のトップに上り詰め、物語の一方の主役として登場してきます。「M資金」は戦後日本の経済社会の裏側で語り継がれ、さまざまな事件の背景となってきた謎の闇資金話ですが、本書は亡霊のようなM資金をめぐる奇々怪々な展開を縦軸に、バブル崩壊で変質していく銀行の中で銀行マンとしての矜持を保って生きようとする副支店長・蓮沼鶏二の孤独な闘いとそれをとりまく人間模様を横軸に編まれていきます。池井戸潤の作品に共通している正義感は、本書でもいかんなく発揮されていて、作品の強いモチーフとなっています。副支店長の蓮沼の上司、支店長の谷は田宮金属工業に対し「融資予約」をエサに返済を迫ります。支店長の「融資」の言葉を信じた田宮社長はなけなしの3億を返済しますが、結局期待した融資は受けられず、不渡りを出してあっけなく倒産に追い込まれ自殺してしまいます。あろうことか谷支店長はその死亡保険金を差し押さえようとします。その時、蓮沼は初めて「ノー」を言い放ちます。〈「保険金は、田宮さんの遺族が生きていくために必要最低限の金だ。田宮さんはそれを遺すために死んだ。それは差し押さえるべきではない」「くだらん温情か、副支店長。そんなことをしてどうなるかわかっているんだろうな」「「どうぞ。好きにしたらいい。だが、田宮さんの保険金を差し押さえるようなまねは絶対にさせません」蓮沼は断言し、谷と睨み合った末、身を翻して自席に戻った〉倒産会社に対する債権回収を阻害したという理由で、人事から「副支店長失格」の烙印を押された蓮沼は、しかし「銀行員である前に私たちは人間ですよ」とだけ言って人事部をあとにします。書名の「最終退行」とは銀行支店で最後の最後に戸締まりをして退出することを言うそうです。副支店長兼融資課長の蓮沼はいつもいつも「最終退行」となっていました。経営サイドの一員として自身の本当の思いは胸の奥にしまい込んで銀行のための人生を送ってきたのですが、すべてに踏ん切りをつけてコースアウトに踏み切ります。誤魔化し続ける人生にピリオドをうった銀行マンは、人生を賭けて何をするのか。緊迫のラストシーンで何が待っているのか。一気読みした私は、東の空に太陽が昇り始めるなかで衝撃のエンディングページを開きました。なお、電子書籍の場合、紙の文庫にはある解説が削除されているのが一般的です。しかし本書は松原隆一郎・東大大学院教授の「日本型金融システムの崩壊を背景にした社会派ミステリー」と題した解説を収録しています。得した気持になります。(2012/8/31)
    • 参考になった 2
    投稿日:2012年08月31日