書籍の詳細

紀元3世紀、ローマ軍とペルシャの激戦の中、アラブのベニサマヤド族の首長の娘バトザッパイが子供を産んだ。ワハバルラードと名付けられた赤ん坊を、バトは王の中の王にしてみせると誓う。やがてローマの威信は地に落ち、西アジア各地のローマ属領は自ら、その国を守らねばならなかった。バトたちが逃げおちたオリエント最大の隊商都市も例外ではなく…。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

銀流沙宮殿のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    文月さんの歴史ロマン!
    最近は、ラブコメやハーレクインコミックの作家という印象が強い文月さんですが、歴史ロマン作品もお勧めです。
    本作は、3世紀頃シリアに栄えたパルミラ王国の女王ゼノビアの物語。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年02月06日