書籍の詳細

剣道家の両親の下に誕生した夏木六三四(むさし)は、生まれながらの剣道小僧。六三四という名前は、現代の剣豪になれと、両親から願いをこめて命名されたもの。岩手山に見守られる街・盛岡を舞台に日々、剣道に明け暮れる。その中で出会う仲間・ライバルたち…。超熱血剣道巨編!!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

六三四の剣のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • はじめてハマった漫画
    ひたすら強くなりたくなかったですか?ライバルに負けたら泣き、勝ったら泣き。先輩、後輩、同期、そして先生とともに一つの目標に向かって懸命に生きていませんでしたか?

    六三四の誕生から始まり、インターハイが終わるまで、全24巻。剣道少年少女の心を鷲掴みにし、稽古に没頭させた。

    剣道ばかりでなく、甘く、つらい青春模様もしっかりと描かれ、読書スタート当時、剣道の稽古に明け暮れ、そして淡い恋をする自分を思い描いていた。

    初めて全巻そろえたものこの作品。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月23日
  • 少年の成長を描いた剣道漫画の超名作。少年時代編が特に良いです。六三四が子どもらしく描かれていて、素直なセリフが心に響きます。六三四かわいい~。剣道の描写も最高。熱いです。読んで損なしの感動作。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年06月29日