書籍の詳細

▼第1話/ぷっくり▼第2話/さよなら明菜▼第3話/山の手残酷物語▼第4話/愛撫と転落死▼第5話/ある日突然、渋谷がケニア!?▼第6話/好きボクロ▼第7話/アイ・ラブ・中尊寺先生▼第8話/しあわせ家族計画▼第9話/ガキ帝国▼第10話/チェッ、グラスホッパーかよ…▼第11話/OKコンピュータ▼第12話/山の手サノバビッチ▼第13話/日本全国馬鹿ばっかり▼第14話/やんちゃ村、はぁと・うぉ~みんぐ・すと~り~▼第15話/頭文字・T▼第16話/巨人に入ってアイドルと結婚してカレー喰いてー!!▼第17話/ナイトスポット▼第18話/平成おんなの事件簿▼第19話/田園調布皆殺しブルース▼第20話/春です!恋の季節です!▼第21話/お母様と合衆国▼第22話/シティー派鎮魂歌▼第23話/マイディンガリンガリン▼第24話/シリーズお母様の手記・1母として…▼第25話/ダビデの悲劇▼第26話/野獣死すべし▼第27話/ご存じ!聖子のサロゲートマザー2▼第28話/ザ・メスイヌ▼第29話/悪魔のようなこいつ…▼第30話/うっそー!?ナブラチロワはだてメガネ?▼第31話/お父様の三つめのイボ痔…▼特別収録/ハウ・トゥー清純派▼あとがき●主な登場人物/小石川セツコ(埼玉県北部にあるらしい聖ヤンサン学園に通う高校生。。学園一の清純派)、小石川丈一(セツコの父。埼玉おもしろ航空社に勤務するパイロット)、小石川美知子(セツコの母。元・全女のレスラー。ヒップホップが大嫌い)、チャック全開くん(セツコの弟。小5。ルックスも行動も八方破れだが、根はいい子。もちろんいつでもズボンのチャックは全開だ)●あらすじ/聖ヤンサン学園一の清純派といわれる小石川セツコ。お嬢様である彼女は、クラスの男子が口にした「ボッキ」という言葉が理解できず、クラスメイトたちにその意味を聞いてしまった。クラスで一番エッチなヤツが下品な笑みを浮かべながら指さす方を見てみると、男子の例の場所にぷっくりと山がそびえているではないか!大ショックを受けたセツコは、それ以来ボッキノイローゼ。戸棚のコケシも母の髪形も、なんでもかんでもボッキしたポコチンに見えてしまう(第1話)。●本巻の特徴/あまりにもお嬢様すぎて、一般的な常識にちょいと欠けるセツコ。頭のネジが外れまくった両親。ワイセツなことに興味津々の弟・チャック全開くん。この小石川家の4人が繰り広げる騒動を描いた下ネタ中心のギャグコミック

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

おしゃれ手帖のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • みなさん。「おしゃれ」を意識し始めたのはいつごろからですか? 着るものとか靴とか髪型とかですね。小学生くらいまではなんとなく、親に買い与えられた服を着ていたように思います。着るものは親が与えてくれるものと思っていたからです。髪も近所の普通の床屋さんで切ってました。理由はおしゃれとかそういうんじゃなく、ただ髪が伸びたからです。靴なんて一足だけでしたもん。しかもマジックテープですよ。着脱が簡単ですよね。ところで、おしゃれに目覚めたころの自分の写真を見るのって、なんであんなに恥ずかしいのでしょうか。写っているのは紛れもない自分自身です。そんな昔の自分が今の自分の胸をギュウギュウと締め付けてきます。そして、写真をそっと伏せます。さて今回、満を持してご紹介させていただきますのはこちら『おしゃれ手帖』でございます。言わずと知れた長尾謙一郎氏の代表作でございます。私はこの作品に触れて、なんか人生を誤った…、いえ、人生を導かれたように思います。まぁ、言いすぎなんですけれど、それくらい私個人の思い出が詰まっています。そしてこの作品を一生懸命読んでいたころの自分もまた、別の意味でギュウギュウと胸を締め付けてくるんです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年03月03日