書籍の詳細

陽奈(ヒナ)を奪われ暴走する恭志郎は、鴉族を皆殺しにしていた。その刃はついに鴉(カラス)へ向けられ…。自制がきかなくなった恭志郎の脳裏によぎったのは―!原稿19・20話収録。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

君が妖はのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 君が妖は
    双子の弟・銀狐を探して人間界に入り込んでしまった金狐は、お祭りの日の夜に人間の子・敦(あつし)と知りあう・・・。
    この作品には、不思議な雰囲気があります。今いる世界とは違う、知らない別の空間がすぐそこに感じられるようです。その独特の世界の中で、妖狐と少年二人が心を通わせ友情を育んでいきます。少年・敦を慕う主人公・金狐の心情が繊細に描かれており、金狐の健気さに心が揺さぶられます。男女問わずオススメしたい作品です。また、これを機会に今後の本作の行方と作者・木風巽の活躍を暖かく見守って頂けたら幸いです。
    投稿日:2013年07月26日