書籍の詳細

サインの練習、ポエムを自作など、誰もが覚えのある中学時代のイタ~イ行動を余すところなく描いた名作が復活!この懐かしくも恥ずかしい笑いに、あなたは耐えられるか!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

中学生日記のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「あなたの半生で、最も思い出したくない時期」を問われたら、あなたはいつを挙げますか? 私は中学生時代です。ちょっと振り返っただけで、赤面してしまうようなシーンが脳裏にたくさん浮かんできます。『中学生日記』を読んで、結構多くの人が中学生時代を封印したがっているのではないか、と妙に安心してしまいました。この本は、久住昌之と久住卓也のユニット名であるQ.B.B.の作品。『中学生日記』の副題は「一生で一番ダサイ季節」…ページをめくる度に、爆笑させられる4コマ漫画が連なります。笑いながらも、そういえば、自分も似たようなことをしでかしていたな~と共感する話ばかりなので、どのキャラクターにも親しみが湧いてきます。最も大笑いしたのは、弁当箱に入っていたオカズの件です。読む楽しみを奪うので、ここでは詳細は省きます。読み進むうちに、もう二度と過ごしたくない時代だけど、一番愛おしい時代だったかもしれないと思わされました。濃厚フルーツジュースのように、あの季節がギュッと詰まった一冊です。(2015/5/1)
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年05月01日