書籍の詳細

北朝鮮の極秘情報に通暁する著者が新体制を徹底分析2011年12月17日、金正日はあっけなく死んだ。これで金日成、正日と続いた北の「一人独裁体制」が終わった。弱冠29歳でカリスマ性のない正恩が、70歳以上の重鎮たちを抑えて独裁ができるわけがない。金正恩体制はどのようになるのか。また、その体制は長続きするのか、短命で終わるのか。これらを見極める節目が、正日の百日喪が明ける3月末以降、次々とやってくる。国民の生活を犠牲にして先軍政治を続けるか、改革開放に向かうのか。権力闘争からクーデタ、内乱が発生するか、食糧難から暴動が起きないか。そんな北朝鮮から、拉致された人々を救うためにも、日本はどう動くべきか。NO1北朝鮮ウォッチャーである辺真一氏が極秘情報も交えて徹底分析する。「北は体制維持に長けていて、ジャスミン革命を期待しても無理。ただ、金正恩は複数回の極秘来日経験があり、日本語を解し、かなりの知日派であり、日本にあこがれを抱いている。また、北が安心してつきあえる周辺国は日本だけだと知っている。今こそ日本は拉致問題解決を条件に関係改善を図り、北を対中、対韓のカードとして活用する、くらいの発想の転換をしてはどうか」と提唱する。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 人工衛星の打ち上げと称してミサイル発射の実験を行い(見事に失敗してしまいましたが、それはそれで恐いことです)、なにより、多くの日本人を勝手に連れ去っておきながら、「拉致問題は解決済み」と主張する国――北朝鮮はいま、大方の日本人の目には好感度最低、わけのわからない困った国と映っているのではないでしょうか。中断していた日本と北朝鮮の交渉・協議が8月29日から3日間にわたって北京で行われたということで、拉致問題の解決に道が開けるのかに注目が集まっていますが、外務省実務レベルの話し合いを伝えるマスコミ報道もどこか醒めているように見受けられるのも、北朝鮮に対する日本人の意識が反映しているのかもしれません。しかし、本書『「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想』は、私たちの「北朝鮮観」――国交なき、不可思議な国に対する「日本人の常識」を打破する見方、考え方を提示しています。著者の辺真一さんは1980年代以降、朝鮮半島情勢を分析する情報誌「コリア・レポート」を主宰する一方、テレビなどマスメディアにおいても積極的な発言を繰り広げているコリアウオッチャーです。評論家の高野孟さんや歳川隆雄さんらと議論を重ねることで鍛えられてきた情勢分析力、情報ネットワークを備えた朝鮮半島問題の第一人者として、いま最も気になる「新しい金正恩時代」をどう見ているのか。辺さんの指摘は多岐にわたりますが、そうだったのかと目からウロコの思いがしたポイントを二つだけ紹介しましょう。一つ目は、金正恩は8歳の時、兄の金正哲とともに日本を訪れ、ディズニーランドに行ったという事実です。金正日の長男で、金正恩の異母兄の金正男が2001年5月に妻子らとともに偽造パスポートで日本に入国しようとして露見。一時身柄を拘束された金正男は「ディズニーランドを見物する予定だった」と供述したことは記憶に新しいが、金正日の後継者となった金正恩はそれよりも10年も前の1991年5月に密かに来日して、ディズニーランドに行っていたというわけです。その時、金正恩はブラジル人「ジョセフ パク」名の偽造パスポートを使っていたことが明らかになっているそうです。5月12日から22日まで11日間滞在し、1960年頃に北朝鮮に帰った母・高英姫(大阪生まれの在日朝鮮人)が途中で合流して、新幹線で母の出身地である大阪にも行ったということですが、小学生の金正恩の目に、日本はどんな風に映ったのでしょうか。目からウロコの第二は、北朝鮮は困窮の極にあり、中国の支援があるのでかろうじて崩壊をまぬがれており、その意味で中国は北朝鮮にとって絶対的な存在だという「常識」が必ずしも正しくはないという点です。辺さんはこう書いています。〈ウィキリークスが暴露した米外交文書によれば、金正日は2009年8月に訪朝した現代(ヒュンデ)グループの女性オーナーである玄貞恩(ヒョンジョンウン)会長に「中国は信用が置けない」と洩らしていたと言う。このことを、玄貞恩会長から聞いた米国のキャスリン・スチーブンソン駐韓大使(当時)が、本国に打電していたことで明らかになった。金正日が対中不信を口外したのは一度や二度ではない。(中略)日本のマスコミがよく書いているほど、中国と北朝鮮が強い絆で結ばれているわけではないのである。例えば、これは日本が北朝鮮を唯一評価しても良さそうなものだが、北朝鮮はこれまで中国に基地を貸すこともなければ、中国軍を駐屯させることもなかった。もし、そんなことになっていたら、日本の安全保障は極めて重大な局面に向かうことになっていたに違いない〉竹島をめぐって日本と韓国が対立し、尖閣諸島をめぐって日本と中国の主張がぶつかり合い、日本とロシアの間では北方領土問題に解決の兆しすら見えません。この混沌状況下で、北朝鮮と日本の間には領土問題がありません。中国にとって北朝鮮の港は日本海への出口として喉から手が出るほどほしい戦略拠点ですが、北朝鮮はこれまでそれを中国に対して提供してきませんでした。世襲とはいえ権力構造が大きく変わる過程にある北朝鮮にどう向き合っていくべきか。拉致問題の解決にはどうすればいいのか――本書は次第に明らかになってきた「金正恩体制」のキーマンを示して、新たなアプローチを示唆しています。偏狭なナショナリズムに酔うことなく、極東アジアの地政学を冷静に見極めてこそ、日本の活路が開けるということを痛感させられました。(2012/9/7)
    • 参考になった 2
    投稿日:2012年09月07日