書籍の詳細

長篠の戦いが始まる! 戦国最強軍団「武田家」との総力戦は、無敗の武田勝頼がその勢いで織田家を潰しにかかる。信長は何重もの策に加え、忍びの千鳥に大胆な策を託す! 戦国史に残る大合戦へ、白熱の最新刊! アニメも大人気放送中です☆

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

信長の忍びのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • コメディあり、シリアスあり、とにかくテンポが良い!
    史実に基づきながらも、主人公のくノ一千鳥がボケて、信長さまがツッコんで、わいわいと物語が進んでゆきます。登場人物はみなキャラが立っていて魅力的。強いけどドジな千鳥、パシリ秀吉、ツンデレねね…など。
    しかしあくまで史実通りに、どんなに魅力的で重要なキャラクターでも、歴史的に死ぬときは死んでしまいます。可愛い絵に基本コメディ調ですが、辛い決断を迫られる場面や、鬼気迫る戦のシーンでは目がうるんでしまうことも。読んでいるこちらとしては、続きが楽しみでもあり、信長の最後を思うと不安でもあり…。みんな死んでほしくないよー!!
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月27日
  • 信長の忍び
    本作の主人公は、女忍びです。「女忍び」というと何かエロい想像をしがちですが、違います。子供の忍び見習いの「千鳥」は川で溺れていたところを若き織田信長に助けられます。信長の振る舞い・言動に心奪われた千鳥は、5年後に尾張からきた忍びの派遣要請に自ら応じます。時に1560年、この桶狭間の戦いの年から千鳥の信長を陰から支える活躍が始まります。4コマなので基本ギャグマンガですが、歴史ファンが眉をひそめるようなキャラクターの逸脱はなし、また戦いや命がかかったシーンではおふざけなし。作者と編集部では、実地の取材も精力的に取り組んでいます。小谷城・横山城・鳶ヶ巣山・一乗谷・岩村城などなど歴史好きにはたまらない地を歩き、そこでネタを拾い、空気感をマンガに反映しています。4コマギャグで臨場感のある歴史モノという誰も描いてないジャンルを作者は生み出しています。ぜひご一読をお願いします!!
    投稿日:2014年08月29日