書籍の詳細

「女と猫は呼ばない時にやってくる」シリーズ第5弾・下巻。東京・高円寺にあるお酒とサラダの店「呟木」のオーナーシェフ、銀さんは片想いをしていたヒラリーと一晩を過ごすもヒラリーの態度は冷たい。仕事も花を使ったウエディング・メニューを考案するが、うまくいかない。一方、ヒラリーも元カレの転勤で自分の上司として一緒に働くことになり、辛い日々が続く。ふたりを待つ未来は――――。4月・5月連続発売。

総合評価
4.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

女と猫シリーズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 猫はあまり出て来ない
    「☆好きな猫本☆」
    猫漫画というほどではないような・・・
    でもこのマンガ好きです。
    小池田さんの描く漫画はいつもお料理が美味しそうで、作ってみたくなります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月24日
  • 女と猫は呼ばない時にやってくる
    小池田さんが弊誌で描いた初作品です。わたしが出した要望は「女の友情をテーマにしてほしい」というものでした。かなり悩まれたようで、日本人の場合、ホンネを言って喧嘩になると仲直りが難しいという話をしたことが印象に残っています。特筆すべきは小池田さん考案のレシピで本作に登場するお料理はなんとも魅力的で食べたくなる品々が満載。コミックスにはレシピもついています。個人的にはヴィーニョ・ヴェルデというポルトガルワインがおすすめ。いちごのパスタも好評でした。美味しい料理とお酒と詩をぜひ味わってください!
    投稿日:2012年07月20日