書籍の詳細

かつて夢をなくした少年と少女。光と影は再び出会い今までと違う“明日”を紡いでいく―― 『マイガール』の佐原ミズが描く等身大の青春譚。細く、強い―― “絆”の物語。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

鉄楽レトラのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 鉄楽レトラ
    「ほしのこえ」「バス走る。」などなど以前から大好きだった佐原ミズ作品。中でも僕が最も好きだったのは短編集「バス走る。」に収録された読切「ナナイロセカイ」でした。瑞々しい10代の繊細な感情を見事に描き出すそのセンス。「この作家さんの描く少年少女の青春譚がどうしても読みたい」僕の夢が今、ゲッサン誌上でかないました。今を生きる少年と少女を透き通るような感性とイノセントな世界観で描き出す「鉄楽レトラ」。この作品には完全無欠のヒーローなんて一人もいません。でもこれは間違いなく今を生きる10代の神話なのです。
    投稿日:2012年07月20日