書籍の詳細

多分ふつうはカノジョと出会ったのは運命だったとか特別な何かを感じたとか、嘘でもそんなふうに言うのかもしれないけど、あの頃の僕は終始不機嫌でやさぐれていて、だから正直今振り返ってみてもカノジョに声を掛けたのはただの気まぐれで、ぶっちゃけ誰だってよかった。カノジョじゃなくても多分よかった――。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

カノジョは嘘を愛しすぎてるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • カノジョは嘘を愛しすぎてる
    先ごろ映画化が発表された「カノ嘘」。本作は徹底的な取材を敢行した意欲作となっている。登場人物はメインのアキとリコを中心として、すべてリアルな切れば血が出るキャラばかり。現実の音楽シーンの裏に潜む様々な思惑が余すことなく描かれている、ある意味スキャンダルな漫画だ。音楽を作ることの苦悩と喜び、バンドの友情と軋轢、ファンの羨望と嫉妬……。綺麗なことも汚いことも一切を包み込んで、今日も「カノ嘘」の世界は続く。いま一番切れている漫画作品。
    投稿日:2012年07月20日