書籍の詳細

40歳手前で一児の父、なのに魔性の色香で男を惹きつける!?そんな探偵の川崎(かわさき)がある晩拾ったのは、荒んで泥酔した青年・田村(たむら)。酔った勢いで野獣のように川崎を抱いたのに、後日謝りに訪れた田村は、別人のように礼儀正しい好青年!!以来、求職中なのになぜか事務所に入り浸り、川崎を手伝おうとする。忠犬のような従順さと隠し持つ鋭い牙。どちらが本当の顔か、不審に思いつつ翻弄され!?※本文にイラストは含まれておりません。

総合評価
1.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

後にも先にものレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    個人的には
    タイトルとあらすじに惹かれて購入しました。
    自分的には年上受けに年下攻めは好きで、キャラクターも世界観も好きなのですが、終盤があっさりしすぎなように感じました。
    1つ1つ丁寧に説明などもしてくれているので難しい事もなくさらっと読むことが出来ました。
    ただ、攻めの正体が分かった後、まあ緊急事態だったのですぐに今までの事とか詳しい説明が出来なかったのは分かりますが………全てがおさまって再開した時にえ?受けそれでいいの?許しちゃうの?と思ってしまいました。
    自分的にはかなり序盤から裏切られた形だったのに、けど好きです、信じてください。と言われただけではい、分かりました。って言うのは少し?でした。せめて攻めの視点で書かれているものがあればまだ攻めの気持ちが分かりやすかったです。
    再開してから何事もなかったように攻めと受けがいちゃいちゃするのはなんだかもやもやしました。事件に内容を置きすぎて攻めの感情は分かりにくく、受けが優しすぎると言えば聞こえはいいですが、いいように流されてる感じがして…。
    もやもやが残り多分また読みたいとは思わなかったので星1つにしました。

    • 参考になった 2
    投稿日:2014年09月22日