配合剤アドエア(R)(長時間作用性β2刺激薬ノフルチカゾン)の可能性-喘息治療の新展開-

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】気管支喘息の本態は多彩な細胞、すなわちマスト細胞・好酸球・Tリンパ球といった浸潤細胞や気道上皮・微小血管・気道平滑筋といった構築細胞の関与する気道の慢性炎症であることが近年明らかになってきた。よって、これらの細胞群に広く作用点を持つ吸入ステロイド薬(ICS)が第一選択薬として推奨されるようになり、喘息の治療効果は大きく改善した。:しかしICSで気道の炎症が十分コントロールされていても喘息症状が出現することもあり、これは喘息患者には1)遺伝的な、あるいは炎症による二次的な気道過敏性の亢進があること、2)気道壁 (...)

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】気管支喘息の本態は多彩な細胞、すなわちマスト細胞・好酸球・Tリンパ球といった浸潤細胞や気道上皮・微小血管・気道平滑筋といった構築細胞の関与する気道の慢性炎症であることが近年明らかになってきた。よって、これらの細胞群に広く作用点を持つ吸入ステロイド薬(ICS)が第一選択薬として推奨されるようになり、喘息の治療効果は大きく改善した。:しかしICSで気道の炎症が十分コントロールされていても喘息症状が出現することもあり、これは喘息患者には1)遺伝的な、あるいは炎症による二次的な気道過敏性の亢進があること、2)気道壁 (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧6冊の書籍

1~6件/6件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。