書籍の詳細

何があっても、私が彼のかわりに君を守る■エリート外交官だった婚約者を、結婚直前に卑劣なテロで喪ってしまった由布子。無垢のまま遺された彼女にもテロリストの魔の手が忍び寄る。その窮地を救ったのは、亡き婚約者と刎頚の契りを結んだ、若き王族アリー。深い哀しみを共有する二人は、やがて惹かれあい、許されざる恋に落ちて……。だが、そんな関係を近しい人々に非難され、世間の好奇の視線にさらされて、身の置き場を失くした由布子は、逃げるように旅立ったアリーの故国で、さらに厳しい現実を知る。なんとアリーにはすでに二人の妻があり、熾烈な権力闘争を戦う彼には、愛などただの気まぐれでしかないというのだ……!!遺されし乙女妻は、王族の奔放愛とテロの恐怖に身悶える――!!

総合評価
1.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

未亡人と熱砂の求愛のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    読むのに疲れる
    登場人物が多く、この本の4分の一くらいはその人物たちの説明でほんと疲れた。
    かと言って必要な描写が少なく残念なことになっている。
    ハーレクイン社で砂漠ものを書くなら、もっと衣装とか舞台の描写を豪華にしてほしい。
    あと、4行も句点がなく、何が言いたいんだ?と疑問になってしまうような文章もある。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年03月06日