書籍の詳細

時は中世。栄華を極めた王国の、双子の世継ぎとして生まれながらも国を滅ぼす災いとされ幽閉されてしまった王子・レン。しかし時は経ち、引き寄せられるかのように王女・リンと出会う。幽閉場所が全てだったレンにリンは「世界」を教える。いつしか、レンにとってリンは「世界の全て」となっていた。レンは身分を捨て、リンを守る為だけに存在する「召使」として生きる事を決意する…。mothy_悪のPの超人気楽曲【鏡音リン・レン】「悪ノ娘」「悪ノ召使」を元に実力派・猫山宮緒が再構築した珠玉のロマネスク、第二巻。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

悪ノ召使のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 悪ノ召使
    栄華を極めた王国に生まれ落ちた双子・リンとレンが、王女と召使という立場に運命を分かつところから物語は始まる。王女として生まれたが故の宿命がリンを苛むのだが、レンは常にリンの側に仕え、リンを支え続ける。どれだけ傷つけられても、レンはリンを見放す事はない。その無償の愛は、男女の仲とか白馬の王子様というような生ぬるいものでは決してない。自身の半身としてリンに尽くす事がレンの全てなのだ。そして、足音が本当に聞こえてくるかのような破滅へ道。残酷に、それでいて絢爛に描かれるその過程は是非本作品を読んで確認して欲しい。
    投稿日:2015年11月30日