書籍の詳細

五年前、革命によって滅ぼされた帝国の王子・ルクスは、誤って乱入してしまった女子寮の浴場で、新王国の姫・リーズシャルテと出会う。「……いつまでわたしの裸を見ている気だ、この痴れ者があぁぁっ!」遺跡から発掘された、古代兵器・装甲機竜≪ドラグライド≫。かつて、最強の機竜使い≪ドラグナイト≫と呼ばれたルクスは、一切の攻撃をしない機竜使いとして『無敗の最弱』と、今は呼ばれていた。リーズシャルテに挑まれた決闘の末、ルクスは何故か、機竜使い育成のための女学園に入学することに……!?王立士官学園の貴族子女たちに囲まれた、没落王子の物語が始まる。王道と覇道が交錯する、“最強”の学園ファンタジーバトル、開幕!※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

「最弱無敗の神装機竜」シリーズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 気持ちよく読める作品
    気軽に読みたい、とのことで初めてライトノベルを読みました。
    5巻の途中ですが、面白いです。
    設定はファンタジー+SF的なもの。
    主人公は滅んだ帝国の第7皇太子で、今は借金を返すために雑用をしているという設定。
    デバイスソードと呼ばれる剣で、機竜と呼ばれる装甲を身にまとい戦うドラグナイトが存在する世界です。
    設定自体はありきたりなものです。

    主人公は常に控えめですが、とにかくモテます。
    作中では、女性(女子?)が多く、ハーレム状態に近いです。

    ですが、程よく謎が散らばっていて、伏線も効果的です。
    鬱っぽくなる展開が今のところないので、安心して読めます。

    ただ、所々で表現がおかしいところが見られます。
    副詞がおかしかったり、同じ意味でも他の言葉の方がしっくりくる、みたいな感じです。
    個人的な好みかもしれませんが。
    また、ちょっと説明不足かなって感じもします。

    でも、展開が早く、サクサク読めるので気楽に読めるのがいいです。
    アニメも放送されているようですが、大分端折っています。
    気になった方には本書はピッタリだと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年02月17日