書籍の詳細

月面調査隊が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行なわれた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面基地の所属でもなく、世界のいかなる人間でもない。ほとんど現代人と同じ生物であるにもかかわらず、5万年以上も前に死んでいたのだ。謎は謎を呼び、一つの疑問が解決すると、何倍もの疑問が生まれてくる。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見されたが……。ハードSFの巨星が一世を風靡した歴史的傑作。星雲賞受賞。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

巨人たちの星シリーズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    大変楽しませていただきました
    私はインターネット上の書き込みで「星を継ぐもの」は良かったという感想を見てこの本に出会いました。
    SFというとスターウォーズやエイリアンシリーズの様に宇宙を舞台にとてつもなく進んだを世界を連想してしまうのですが、この作者の作品は現代から少しだけ進んだ科学水準から始まります。また、SFとはサイエンスフィクションという事をこの本で初めて知りました。
    「星を継ぐもの」も私たちの科学水準から少しだけ進んだ世界感から始まり、その理論や技術は突拍子も無いものでは無く、理解しやすい物でした。
    月面で死体を発見し、それが実は5万年前の物だった所からはじまり、現代の科学でどう解釈するべきかという人々の葛藤、人間ドラマが繰り広げられていました。
    「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」では異星人との交流、「内なる宇宙 上・下」ではコンピューター、異星人、地球人の入り乱れた物語へと進むのですが、順序立てて科学技術の説明もされているので違和感無く読みきる事ができました。
    このシリーズで書かれていることは未来技術の空想では無く、進んだ技術を手に入れてしまったら人間がどうなるか、どう対処するか、常識や考え方が違う異性人と出会ってどう交流するのかという、サイエンスでありながら「人間ドラマ」でした。
    私は「星を継ぐもの」を読んでからジェームス・P・ホーガンの作品を次々に読んでいるところですが、その中でもこのシリーズは一番のお勧めです。
    ぜひ順番に読んでいかれるのをお勧めします。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年11月09日