ソニー崩落 超無責任体制を作り出した「米国流経営」という悪夢

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

「社外取締役の皆さんは忙しいから勉強不足。質問も『これ、どういう意味ですか?』と用語の意味や事業の中身を問うようなものばかり」……。ウォークマン、CDやパソコンの「バイオ」、ゲームの「プレイステーション」等々、数々の革新的サービスを生み出してきたソニーは、同時に日本に米国流の「コーポレートガバナンス」を持ち込んだ先駆者でもあった。加速させたのは、95年に社長に就いた出井伸之氏。現在、ソニーの取締役12人のうち、9人が社外取締役だ。元駐日米国大使、ベネッセホールディングス会長兼社長など、著名人は数多いが、ソニーの事業やエレクトロニクスに明るいとはいえない。しかし、出井氏による体制変革以降、こうした社外取締役が実権を握り、現場の事情をよそに政争が繰り返される一方、社外取締役に引き立てられた幹部が、失敗の責任もとらずに居座ってきた。その結果が、上場以来初の無配転落だった……。苦闘する日本の「ものづくり」の象徴でもあるソニーの窮状。その原因を深堀りする、緊迫のドキュメント。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数7700文字/単行本換算で11ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

「社外取締役の皆さんは忙しいから勉強不足。質問も『これ、どういう意味ですか?』と用語の意味や事業の中身を問うようなものばかり」……。ウォークマン、CDやパソコンの「バイオ」、ゲームの「プレイステーション」等々、数々の革新的サービスを生み出してきたソニーは、同時に日本に米国流の「コーポレートガバナンス」を持ち込んだ先駆者でもあった。加速させたのは、95年に社長に就いた出井伸之氏。現在、ソニーの取締役12人のうち、9人が社外取締役だ。元駐日米国大使、ベネッセホールディングス会長兼社長など、著名人は数多いが、ソニーの事業やエレクトロニクスに明るいとはいえない。しかし、出井氏による体制変革以降、こうした社外取締役が実権を握り、現場の事情をよそに政争が繰り返される一方、社外取締役に引き立てられた幹部が、失敗の責任もとらずに居座ってきた。その結果が、上場以来初の無配転落だった……。苦闘する日本の「ものづくり」の象徴でもあるソニーの窮状。その原因を深堀りする、緊迫のドキュメント。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数7700文字/単行本換算で11ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。