書籍の詳細

創造的な仕事をするプロデューサーになるためのキャリア開発論。「Shallweダンス?」の桝井省志氏などを例に実践的に解説クリエイティブな組織人になる条件とは?人をワクワクさせるものを作り上げる働き方の教科書大ヒット映画『Shallweダンス?』『ウォーターボーイズ』などを製作した桝井省志氏など敏腕プロデューサーの思考と行動を学びながら、創造的な仕事をするプロデューサー型人材になるための条件を解説する。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

プロデューサーシップのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 組織論・キャリア論・リーダー論などの観点から、クリエイティブな働き方を解明する
    映画や音楽などのエンターテインメント業界における「プロデューサー」という職種・肩書きは、一般的にもある種の敬意をもって捉えられることが多い。それは、俳優やアーティストを含むチームを束ね、新しいものを創造するというハードルの低くないことをやってのけているからだろう。そして今、「新しいもの」が求められているのはビジネスの世界も同じである。ゆえに、企業にプロデューサー型人材が必要なのではないか。本書では、ビジネス・プロデューサーを含むプロデューサーの創造的な活動やその現象を「プロデューサーシップ」と名付け、映画プロデューサーや成功している一般企業の例などをひきながら、それがどういうものか、どのように育んでいけばよいかを、著者の専門である経営組織論をベースに論じている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年04月03日