書籍の詳細

隣国と戦争中のカトヴァーナ帝国の一角で、嫌々、高等士官試験に臨む少年がいた。彼の名はイクタ・ソローク。自他ともに認める怠け者のイクタが、難関に挑む理由はただひとつ。盟友・ヤトリシノ・イグセムと交わした密約のためだ。試験でヤトリが有利になるよう立ち振る舞えば、窓外怠けて過ごせる帝立図書館司書のポストを用意してくれるというのだ。そしてこの試験が、後の伝説的智将が印した第一歩になる――!電撃文庫の一大ファンタジー戦記、堂々コミカライズ!

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

天鏡のアルデラミンのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 面白いけど
    最後までやってくれるんじゃないかとどこかで期待してたけど案の定無理みたいですね。ライトノベルで無理矢理表現してる部分も自然にできる「絵」があればこそファンタジー作品だと思いますけど、残念。絵も綺麗だし話自体が面白いので余計そう思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年06月09日