総説 輸液の歴史 注射器・輸液関連器具の歴史と輸液の投与経路

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】輸液療法は、投与する輸液の開発・発展だけではなく、投与手技、投与器具の開発・発展が不可欠である。今回は静脈投与法に不可欠な注射・輸液関連器具の歴史と輸液の投与経路について記載した。ChristopherWrenがブタの膀胱とガチョウの羽軸を用いた器具でイヌの静脈注射を実施した1656年から、350年以上経過している。その間に注射器の開発と発展、注射用アンプルから輸液容器の開発、そして20世紀になってからは輸液投与器具の開発と輸液療法の発展が促され、皮下投与法から静脈投与法へと進んできた。日本で点滴静脈投与法 (...)

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】輸液療法は、投与する輸液の開発・発展だけではなく、投与手技、投与器具の開発・発展が不可欠である。今回は静脈投与法に不可欠な注射・輸液関連器具の歴史と輸液の投与経路について記載した。ChristopherWrenがブタの膀胱とガチョウの羽軸を用いた器具でイヌの静脈注射を実施した1656年から、350年以上経過している。その間に注射器の開発と発展、注射用アンプルから輸液容器の開発、そして20世紀になってからは輸液投与器具の開発と輸液療法の発展が促され、皮下投与法から静脈投与法へと進んできた。日本で点滴静脈投与法 (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。