乳癌の外科的ホルモン療法の歴史とその果した役割 ~温故知新

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに乳癌のホルモン療法が始まって,今年で115年目になる.前半の約半世紀の間は卵巣機能の抑制を目的とした手術,照射,薬物療法が行われ,その進歩はゆるやかであった.後半に入ってホルモンの作用機序が次第に明らかにされ始め,種々の動物実験が行われ,乳癌の増殖やそれに対する治療法の研究が盛んになった.外科的ホルモン療法である卵巣切除術に加え,副腎摘出術,下垂体摘出術が広く行われ,それなりの効果が示された.これらの適応をめぐり,ホルモン測定法の進歩や改良が試みられ,ある程度の効果を上げた.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに乳癌のホルモン療法が始まって,今年で115年目になる.前半の約半世紀の間は卵巣機能の抑制を目的とした手術,照射,薬物療法が行われ,その進歩はゆるやかであった.後半に入ってホルモンの作用機序が次第に明らかにされ始め,種々の動物実験が行われ,乳癌の増殖やそれに対する治療法の研究が盛んになった.外科的ホルモン療法である卵巣切除術に加え,副腎摘出術,下垂体摘出術が広く行われ,それなりの効果が示された.これらの適応をめぐり,ホルモン測定法の進歩や改良が試みられ,ある程度の効果を上げた.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧9冊の書籍

1~9件/9件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。