レビューはありません
【セカンドオピニオン外来の役割】 がん・感染症センター都立駒込病院化学療法科 セカンドオピニオン外来の現状と課題

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに2006年に成立したがん対策基本法ではがん治療の均てん化の促進が求められている.当院は東京都がん診療連携拠点病院であり,セカンドオピニオン(S.O)外来を積極的に行っている.S.O外来は患者本人,家人だけではなく,主治医にとっても同じ専門分野の医師の診断,治療に関する意見を得て,診断,治療方針が検討できる重要な機会となっている.当院化学療法科のS.O外来の現状を通して,S.O外来が真にがん治療に貢献するためにどのような問題,課題があるのかを検討する.

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~5件/5件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。