レビューはありません
遠隔転移を伴わない大腸癌腹膜播種の頻度,予後,治療と成績

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに大腸癌腹膜播種は決してまれではないが,予後不良で緩和ケアが治療の主体となると考えられてきたためか,大腸癌腹膜播種についての文献は少ない.医学中央雑誌で1983年から2008年までの期間で「大腸癌肝転移」をキーワードとして検索すると8,166件の文献が該当するのに対し,「大腸癌腹膜播種」では719件である(会議録を含む).これら719件の文献には,遠隔転移を伴う症例も含めた研究が含まれており,遠隔転移を伴わない大腸癌腹膜播種(以下,腹膜播種単独例と表記)について述べられた文献はさらに少ない.治療につい (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~5件/5件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。