レビューはありません
胃全摘と噴門側胃切除におけるGSRSを用いたQOL評価

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに胃体上部早期胃癌における手術術式はいまだに定まっておらず,胃全摘もしくは噴門側胃切除が選択される.またその再建方法も全摘ではRouxenY再建や空腸嚢再建など種々の術式があり,また噴門側胃切除においても間置空腸再建や間置空腸嚢再建,残胃食道吻合など多岐にわたる.どの術式が優れているのか.比較するために種々の機能評価が行われているが医師主導による評価であり真の意味での患者のQOLを反映していないと思われる.患者立脚アウトカムを得ることが真の意味でのQOL評価であると考える.

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~5件/5件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。