書籍の詳細

夜のとばりが落ち、一日の業務が終わる頃、帰宅を急ぐサラリーマンの間でもうひとつの戦いがはじまる。満員電車の空席をめぐって繰り広げられる、血で血を洗う席取りバトル。そんな中、席取りに命をかける伝説の中間管理職がいた!どんなラッシュにも必ず座って帰るというその男の名は「流星課長」。しりあがり寿のサラリーマンギャグ炸裂!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

流星課長のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • サラリーマンにとって通勤時に座れるかどうか、それはちょっとしたヨロコビの境い目かもしれません。『流星課長』(しりあがり寿)に登場する流星課長は、電車の座席に座ることに対して達人技を繰り出し、命がけで自分の座席を確保します。その俊敏な動きは忍者やSFの加速装置をほうふつさせる、まさに人間離れしたお笑い超美技なのです。ロシアの金メダル級体操選手やロボット、そしてなぜか総理大臣を相手にしても、一歩も引くことなく座席を確保しようとします。流星課長は、くたびれたサラリーマンの希望の星なのかもしれません!? ぜひ、通勤の車内でご覧になって、疲れを癒してください。
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年04月12日