レビューはありません
パラフィン臨床検体を利用したmRNAとmiRNA解析 予後や薬剤感受性予測マーカー遺伝子探索の可能性

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】国民の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなる時代を迎えた日本では、早い段階で「癌の顔つき」を正確に見極めることが重要になっている。富山大学大学院医学薬学研究部消化器・腫瘍・総合外科の嶋田裕准教授らは、これまで病理診断のためにつくられてきたパラフィン臨床検体(FFPE)から、mRNAとmiRA(マイクロRNA)の発現量のデータを高い精度で得ることに成功。得られたデータと臨床情報を結びつけることにより、予後や各種抗癌剤への感受性予測、副作用予測、創薬研究などに役立つきわめて有望な手段になると考えられてい (...)

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。