レビューはありません
2.新しい放射線防護剤の基礎と臨床 好中球エラスターゼ阻害剤による放射線肺障害

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに肺癌を代表とする胸部領域の腫瘍に対する放射線治療により生ずる急性肺障害は、照射範囲に一致して照射後平均して6週頃に生ずる。これは通常、一過性で臨床上問題となることは少ない。しかし、急性肺障害の中には照射範囲を超えて広がり重篤化する場合がある。肺障害の重篤化は治療を完遂するための障害となるのみならず、致死的となることがあるので大きな問題となっている。急性放射線肺障害の原因には放射線による物理的障害を契機とする高サイトカイン血症が有力視されている。放射線を肺に照射することによりTNF-α、IL-1α、I (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。