レビューはありません
がん骨転移の分子細胞生物学

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】抗がん療法の格段の進歩により原発巣の制御がほぼ可能となった現在、がん患者を死に至らしめる最大の原因は遠隔臓器への転移である。がんの転移好転発臓器としては、肺、あるいは肝臓がよく知られているが、意外に認識されていないがんの転移標的臓器として骨がある。骨を転移標的臓器とする悪性の固形がんには、乳がん、前立腺がん、肺がん、甲状腺がん、そして悪性黒色腫などがある1)。また小児の神経芽細胞腫も高頻度に骨に転移し、予後不良の大きな原因となっている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。