レビューはありません
拡散強調MRIによる躯幹部悪性腫瘍の診断

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】本稿を読んでおられる読者諸氏は拡散強調画像(diffusionweightedimaging:DWI)についてどのように認識されているだろうか?いまだにDWIを超早期脳梗塞描出のツールとしてのみ認識している方々もおられるかと思われるが、その認識は改める必要がある。かつて脳専用の画像であったDWIは技術の進歩に伴って躯幹部での応用が進んだ結果、非特異的ながら躯幹部悪性腫瘍を大変高い感度で検出することが可能であることが明らかになった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。