レビューはありません
試験治療としての腹腔内(IP)化学療法と標準化への課題

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】腹腔内(IP)投与した抗がん剤のPlasma/Peritoneal濃度比は、Carboplatin:18,Cisplatin:20,MitomycinC:72,Methotrexate:92,Paclitaxel:>1,000等と、非常に高い腹腔doseintensityが保てる(Table1)。ただし、diffusionによる薬剤の移行は1mm程度が限界と考えられ、血管新生の乏しい結節への薬剤移行は望めず、IP化学療法(化療)の適応は残存腫瘍の大きさや薬剤のクリアランスによる。IPは腹膜転移に対する局所( (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。