臨床検体を用いた転移形成遺伝子群の同定と機能解析による分子標的治療の開発

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1889年英国の外科医StephenPagetは、乳癌で死亡した735名の病理解剖所見を詳細に検討し、転移巣の分布が臓器によって異なり、循環量と比例しないことを検出した。例えば、肝臓は脾臓の14倍の効率で転移を認め、癌転移が単なる偶然の産物ではないと推論した。Pagetは、植物の種をいろいろな場所に植えても(seed)、適した土壌(soil)でしか発育、成長することができないという現象になぞらえ、所謂“seedandsoil”という癌転移の概念を提唱した。以来約120年間、“seed”すなわち種である癌細胞 (...)

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1889年英国の外科医StephenPagetは、乳癌で死亡した735名の病理解剖所見を詳細に検討し、転移巣の分布が臓器によって異なり、循環量と比例しないことを検出した。例えば、肝臓は脾臓の14倍の効率で転移を認め、癌転移が単なる偶然の産物ではないと推論した。Pagetは、植物の種をいろいろな場所に植えても(seed)、適した土壌(soil)でしか発育、成長することができないという現象になぞらえ、所謂“seedandsoil”という癌転移の概念を提唱した。以来約120年間、“seed”すなわち種である癌細胞 (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。