レビューはありません
緩和ケアチームにおける外科診療の役割

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに2004年4月より緩和ケア診療加算が算定できるようになり、ホスピス・緩和ケア病棟以外での緩和ケアの提供が保険診療の中で行われるようになった。さらに2006年にはがん対策基本法が成立し、がん診療連携拠点病院の整備がされるようになった。がん診療連携拠点病院には医師、看護師、医療心理に携わるものなどを含めたチームによる緩和医療の提供体制を整備する事となっている。このような背景から癌治療における緩和ケアチームの存在意義は高まっていると考えられる。この緩和ケアチームの中において外科診療がどのように役立つのかを (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。