レビューはありません
進行食道癌に対する集学的治療の治療成績と問題点

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに近年、食道癌の治療成績も徐々に向上してきた。これは診断技術の進歩に伴い、早期癌が発見される割合が増加したことと周術期管理の進歩や3領域郭清の標準化による手術成績の向上によるところが大きい。しかし、他臓器浸潤や広範なリンパ節転移を伴った高度進行癌症例で発見されることもいまだ少なくない。このような症例は外科的切除が困難であったり、他臓器合併切除や拡大リンパ節郭清などの拡大手術により切除できても満足な成績が得られることは少なく、手術療法単独では限界があるといえる。そこで手術療法に加え、化学療法や放射線療法 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。