レビューはありません
オピオイドによるがん疼痛治療の実際-薬理と臨床の最前線から-

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1がん疼痛治療の現状下山オキシコドン徐放錠やフェンタニル貼付剤の登場によって、がん疼痛治療は大きく変わりつつあります。そこで本日は、「オピオイドによるがん疼痛治療の実際」というテーマで、オピオイドによる薬物治療の諸問題について、基礎と臨床の両面から考えてみたいと思います。はじめに、がん患者さんの疼痛管理の現状について、服部先生にお伺いします。服部がん疼痛は、持続的なものと断続的なものが複雑に絡み合い、治ることなく続きます。疼痛が持続すると、交感神経は断続的に興奮し、食欲は低下し、気分的にも抑鬱状態になる、つ (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。