直腸癌に対する自律神経温存術後の性・排尿機能とthin-section MRIに基づく自律神経温存術式の個別化の可能性に関する検討

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに欧米では、腫瘍下縁から4cmまでの直腸固有筋膜(mesorectalfascia)を全周に完全切除するmesorectalexcision(ME)がstageII/IIIの上部および下部直腸癌の標準手術である。これに対し、日本では、MEに腫瘍の局在および進展度に応じて自律神経温存術と側方骨盤リンパ節郭清(側方郭清)を加えるのがstageII/III直腸癌の標準手術である。下部直腸浸潤癌の側方骨盤リンパ節転移陽性率は約10%とされ、これらの手術の差は局所再発率や生存率に影響を及ぼす可能性がある。一方、 (...)

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに欧米では、腫瘍下縁から4cmまでの直腸固有筋膜(mesorectalfascia)を全周に完全切除するmesorectalexcision(ME)がstageII/IIIの上部および下部直腸癌の標準手術である。これに対し、日本では、MEに腫瘍の局在および進展度に応じて自律神経温存術と側方骨盤リンパ節郭清(側方郭清)を加えるのがstageII/III直腸癌の標準手術である。下部直腸浸潤癌の側方骨盤リンパ節転移陽性率は約10%とされ、これらの手術の差は局所再発率や生存率に影響を及ぼす可能性がある。一方、 (...)

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。