レビューはありません
大腸癌肝転移病期分類

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに大腸癌の肝転移に対する治療として肝切除術が第一選択となることは最近の論文や学会などで数多く報告され、コンセンサスが得られている。その一方で、肝切除術後の予後は5年生存率で20%~50%と施設間で大きく異なっている。これは手術手技もさることながら、肝切除術の適応とする症例に大きな違いがあると思われる。大腸癌取扱い規約の肝転移分類はこれまで長い間以下のように定義されていた。H0:肝転移を認めない。H1:一葉にのみ転移を認める。H2:両葉に少数散在性(4個以内)に転移を認める。H3:両葉にわたり多数散在性 (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。