レビューはありません
医療材料に関する行政・中医協の動きウォッチング(20) 中医協・費用対効果評価専門部会で「指標」の具体例について議論

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)の保険医療材料専門部会は平成24年度になって一度も開かれていないが、費用対効果評価専門部会で議論が進み始めている。医療材料を含めた費用対効果評価についての基本的な考え方、今後の検討の進め方などについて、およその方向が定まった。10月31日に開催された第5回費用対効果評価専門部会では、参考人が、費用対効果評価の方法としてイギリスやフランスで用いられている方法であるEQ-5Dについて説明した。また、中医協の診療報酬調査専門組織として「医療機関等における消費税負担に関す (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。