レビューはありません
在宅療養患者のための人工呼吸器・気管カニューレの選び方

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】厚生労働省特定疾患呼吸不全調査研究班が平成16年に行った全国調査では、TIPPV(tracheostomyintermittentpositivepressureventilation)実施例は約2500例が在宅療養を行っていると推定されている。平成18年度以降の特殊疾患療養病床の廃止、療養病床の削減を受け、TIPPV長期例が病院から在宅へ移り、在宅療養支援診療所を中心とした診療所医師が診療を担当する患者が増加すると考えている。人工呼吸療法の開始・気管切開は病院で行われることが多く人工呼吸器・気管カニューレ (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~29件/29件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。