レビューはありません
医療機器本体におけるUCC/EAN-128標準バーコード表示の必要性に関する意識調査の研究

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】今日まで、医療機器業界で医療機器の商品コードおよび本体の標準バーコードが検討されなかったため、多くの病院では医療機器の貸し出し管理や使用履歴、保守点検を効率化するために、病院独自の備品ラベルやバーコードを医療機器本体に表示する方法を用いざるをえなかった。しかし、このような方法では、対外的に機器情報の共有が図れないため、トレーサビリティ確保や不具合報告などには役に立たない。日本医療機器産業連合会は2005年9月に、「医療機器商品コード・UCC/EAN128バーコード標準化運用基準マニュアル(第5版)」を策定し (...)

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~29件/29件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。