レビューはありません
第III章 最期まで考えるQOL 6.息苦しさ 安楽を保つためには鎮静か呼吸器リハビリか 【コメント】

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん患者において、呼吸困難(息苦しさ)は高頻度で出現し、かつ、難治性の症状の一つです。”息苦しさ”の症状を取るために、一般的にはモルヒネ、オピオイド、抗不安薬、ステロイドが投与されることが多いようです。しかし、薬物療法だけでは、症状のコントロールが難しいと言われています。まず、実際に行った治療について考えてみます。第一に、患者および家族の意思は明確であり、そのことを尊重されていると思います。また、苦痛を取るために、緩和ケアチームでカンファレンスを行い、環境調整やオピオイドの使用、NPPVの使用、呼吸器リハビ (...)

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。