レビューはありません
“起きる”看護ケアプログラム実践例

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】(1)札幌麻生脳神経外科病院1.ADLやQOLを高めるために脳卒中患者の多くは、運動障害や意識障害など生活を営むために必要な機能に障害を持つことが多く、それらの症状は後遺症として、その後の生活に大きな影響を及ぼします。一般的に患者のADLやQOLは、その人の障害の程度に左右されると言われますが、そのADLやQOLは、発症時にどのような看護が提供されたかによって、大きく影響を受けるとも言われています。本稿では、「寝たきり」を予防し、廃用症状をつくらない看護実践について、術後急性期にある患者のケースを通して、そ (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

書籍一覧

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。