レビューはありません
おさらい感染対策 注射(1)職業感染対策(血液暴露)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】針刺しによる血液暴露の危険性医療従事者は、注射針等の鋭利器材を日常的に取り扱う環境にいるため、常に「針刺し・切創」による血液暴露の危険性にさらされています。血液中には、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)やB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)等々、既知のあるいは未知の血液媒介病原体が存在する可能性があり、「針刺し・切創」は職業感染の重要なリスク因子の一つです。洪愛子らの厚生労働科学特別研究事業「医療従事者における針刺し・切創の実態とその対策に関する調査研究」によれば、日本国内で回答のあった施設の (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。