レビューはありません
事例で学ぼう!訪問看護での“倫理” 事例7〈最終回〉 利用者の家族は経口摂取が困難となっても胃瘻は望まなかったが点滴を求め続けた

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】事例の概要Iさんは90歳男性で、長期にわたる認知症のため要介護5の状態。訪問看護を利用し、家族による在宅介護が行われていた。やがて嚥下困難となり、経口摂取ができなくなったことから入院。しかし、症状の改善ははかれず、医師から家族に対して胃瘻造設が提案されたが、家族は高齢を理由に受け入れなかった。なお医師・看護師は、Iさんが認知症であるため胃瘻造設の意思確認は行っていない。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。