レビューはありません
【これからの新人看護職員研修 努力義務化から3年、今求められること】 事例 教育体制整備/努力義務化の成果(3) 努力義務化後の研修・支援体制整備を行って

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】神奈川県立こども医療センターは、開設初期から独立した看護教育科を持ち、看護職員研修を行ってきた。努力義務化を受けて、さらなる見直しを行った新人看護職員の研修・支援体制を報告する。神奈川県立こども医療センター(以下、当センター)は、小児総合医療・福祉機関であり、小児専門病院と肢体不自由児施設、重症心身障害児施設を併設している。周産期医療、小児3次救急医療を始め、心疾患、がん治療、障がい児医療、思春期医療、希少疾患医療等の高度・専門医療を担っている。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。