レビューはありません
Opinion 看護外来への展望 慢性期をサポートするために

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1外来看護の現状第二次医療法改正(1992年)により、医療の担い手として看護婦が明示され、医療を受ける場として病院だけではなく、在宅が明記された。また、健康保険法の改正(1994年)により、在宅医療を中心とした項目に関する処置の自己管理に対する指導が「在宅療養指導料」として新設された。これは、看護師が外来で指導を行った場合に算定できるものであるが、外来通院する人への支援、すなわち看護に対する評価として認められたところに大きな意義がある。ここ数年は平均在院日数の短縮化が進み、従来、入院期間中に行われていた治療 (...)

  • 500(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 5pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。