レビューはありません
【創薬技術の革新 マイクロドーズからPET分子イメージングへの新展開】 マイクロドーズ臨床試験による予測技術の構築 薬物相互作用による薬物動態の変動予測法の開発

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】代謝酵素のみならずトランスポーターも薬物相互作用の標的として考慮すべき臨床事例の報告が相次いでおり,相互作用のパターンも多様化が進んでいる。invitro実験を用いた予測法も着実に進歩しているが,最終的にヒトで相互作用を実証的に検討するのは,安全性の面から極めて困難である。われわれは,マイクロドーズの導入により,創薬初期の段階からヒトで相互作用の実証が可能となると考えている。さらに,ヒトでは測定不能だった臓器内濃度の変動においても,イメージング技術の導入により実測が可能となり,さらに精密な薬効・副作用予測が (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~31件/31件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。