レビューはありません
【創薬技術の革新 マイクロドーズからPET分子イメージングへの新展開】 PET分子イメージング マイクロドーズからバイオマーカー開発へ PETが着目するシステム(体制・制度) PET薬剤製造技術移転の可能性とオールジャパン体制への展望

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】日本国内に120あまりのサイクロトロンを有するPET施設が稼働しているといわれている。PET分子イメージングの普及と発展には,社会的に認知された安全性と信頼性を担保する体制作りを実現したうえで,各PET施設の規模と能力に応じて技術展開と運用体制を提案していく「オールジャパン体制」を構築する必要があると考えられる。大規模PET研究施設が率先して,小規模PET施設にも展開可能なPET製剤製造技術の開発とその普及に努め,臨床診断意義を明らかにするための大規模共同研究を推進することが,最も実現可能な「PET分子イメ (...)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~31件/31件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。